スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いSF映画六選(2)

もう、三月に入りました。
時間というものは、早いですね笑

よーすけリンダです。どうもです。
ブレードランナー2049が今日発売なのですが、Blu-rayを買うかDVDを買うか迷ってます。
Blu-rayの方が画質はいいですが案外、Blu-rayを見れる環境って少なくとも自分の周りにはない感じですね・・・

とあるサイトで、ロボットをテーマにしたSF作品を募集していて(出すかどうかはともかく)色々考えてるのですがロボットを題材にしたアニメとか映画とかがもう大量に作られていて、新規性というか独自性をもった世界観とかって難しくなってますよね~

・・・そんな話はともかく、今回はこの映画を紹介します。

2。「マイノリティリポート」




・改めてみると予告編ちょっとグロいですね。本編はもうちょっとグロいですね。はい

”プリコグ(precog:precognitive、予言者)と呼ばれる3人の予知能力者たちで構成された殺人予知システムによって守られた未来の話。それに従って予防的治安維持機能を遂行する犯罪予防局によって、システムの導入以後、殺人発生率は0%になったと報告されていた。

犯罪予防局の刑事ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)は、6年前に息子のショーンが誘拐殺害されたのをきっかけに、犯罪予防にのめり込むようになっていた。息子を失ったトラウマから逃れるように、その仕事に執着していた。家で、ショーンの映像を見てショーンを思い出し、そしてまた仕事をする。プリコグによって予知された殺人は映像としてディスプレイによって表示され、それをもとにジョンはそれが起こる場所を特定し、事件が起こる前に現場に行きその人物を逮捕する。それを繰り返す。
そんなある日、司法省調査官のダニー・ウィットワーが前触れなく局を訪れ、システムの完全性の調査が始まった。ウィットワーの権限は絶対で、システムに逃げ場を見出しているジョンは内心の敵愾心を抑えながらもプリコグを用いた殺人予知システムを説明していく。
そして、プリコグが反応しまた新しい映像が映し出されるのだが・・・”


言わずと知れたフィリップ・K・ディック原作ですね。
PKD(Fじゃないよ)を原作として映画多すぎてもうわけが分からないって感じです笑
フィリップ・K・ディックの原作そのものとは割とテイストが違いますが、余韻が残る感じは一緒です。
SF作家の作品は多くが、論理的で、倫理的な面でもこれが善か悪かと言ったことが非常に明確です。
例えば、心を持たないロボットは人間より下であるとかロボットと人間の戦争であるとか・・・
ディックの作品はそう言った境界線が非常に曖昧で人間(善)であるとかロボット(悪)とか人間(悪)とも言ってません。
登場人物は往々にして、自分自身を疑いから入りますしもしかしたらディックもディック自身を疑っているのかも知れません。
初めて、ディック作品を読んだのは多分”アンドロイドは電気羊の夢を見るか?”ですが、最後の部分が特に好きです。ハッピーエンドであることには間違いないのですが、ストーリーはもうすでに終わっているのでこれを書かなかったとしても可笑しくない感じで読んだ後”うん????”みたいな感じになったのを覚えてます。

失礼、脱線してしまいました。
勿論、大丈夫です。

そんな小難しい話は出てきません。

いや、ほんとに
そういうのを若干含みつつも、面白い作品になっています。

次は「12モンキーズ」です!!!!!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

Author:筑波大学SF研究会アルビレオ
毎週月曜日8:30~
活動中です!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。