スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレー小説 2話

2話

『へぇー、これが人工衛星ですか。うわー、この太陽電池、シリコンで出来てますよ。これがロストテクノロジーってやつですね?』
『無駄口を叩くな、新人ルーキー。』
『すいません、船長キャプテン。』

神様の死から10年、人類は再び宇宙へと進出していた。

閉ざされていた宇宙への扉は神様の死により再び開かれ、各国はこぞって宇宙への進出へと乗り出した。僕は月探査船のパイロットになるために、当時新設されたばかりの宇宙工学科へと進学した。月の裏側にかつて居た、神様に近づきたくて。だが、学業成績も身体能力も何もかもが中の中だった僕が月探査船のパイロットに選ばれるはずもなかった。結局、卒業と同時に僕は、旧世紀の人工衛星や探査機を回収して調査する政府の研究機関へと就職し、そして、回収船の乗組員として、宇宙にいた。

『よし、回収だ。フックをかけろ、新人。』
『了解です、船長。』

僕は人工衛星の残骸へと手を伸ばす。すると、バックパックから生えたアームが伸びていき、衛星を掴んだ。このアームは筋肉に伝わる微弱な電気信号を読み取って、操縦者の腕と全く同じ動作をする。元々は地上で使われているパワードスーツの上半分を船外活動EVA用に改修したものだ。背中から腕が伸びる様子が二人羽織に似ている。

どうして昔の人は太陽電池をシリコンなんかで作ろうと思ったのだろう。一旦壊れたら最後、自己修復もできないじゃないか。そんなことを考えながら機能の停止した衛星にフックを取り付けていると、視界の端に何かが見えた気がした。振り返って目を凝らしてみると、遠くに太陽の光を反射し煌めく物体が見える。

『キャプテン、さそり座の方角に何か見えます。』
『さそり座の方角? レーダーに反応はないぞ、見間違えじゃないのか。』

船長からつれない返事が戻ってくる。だが、その物体は依然としてキラキラと太陽の光を反射し、こちらに位置を教えている。

『フックの取り付け完了しました。ちょっと見てきます。』
『おい、ちょっと待てっ。』

キャプテンの制止の声を無視し、僕はバックパックの推進器スラスターを噴射した。妙な胸騒ぎがした。

(御澤)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

Author:筑波大学SF研究会アルビレオ
毎週月曜日8:30~
活動中です!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。